加湿空気清浄機を選ぶポイント(決め手)

加湿空気清浄機を選ぶポイントについて考えてみました。

なぜ空気清浄機?なのかですが、
去年の年末に、プラズマクラスター(シャープ)、今年にナノイー(パナソニック)を購入し説明書を読んでいる時に、これも購入する時のポイントになるな!と思いました。

私が購入を決めたポイント
1台目の決めては価格でした。
色々と調べた結果、他の製品と金額が5,000円安かったので、プラズマクラスター(シャープ)にしました。
プラズマクラスター搭載加湿空気清浄機 加湿量600mL/h ホワイト系 KC-Z65-W

2台目は、前回プラズマクラスター(シャープ)を買ったからと、金額が同じくらいだったので、パナソニックと簡単に決めました。
Panasonic 加湿空気清浄機 シルバー F-VXF35-S

一般的に物を買うときのポイントは、価格機能デザインが主になると思います。特に価格ですよね!

ただ、機能の部分では、各社そんなに大きな差がないと思うんですよ!
そんなことない!と思っているメーカーの方すみません・・・

ただ素人からすると、「この機能のここが」、「この技術が」って聞いても、ヘー凄いんだ!と思うけど、それが最終決定にはならないことが現状です。
※補足(実際に使用した感じです。)
シャープのプラズマクラスターは、匂いやハウスダスト(花粉)に強いです。リビングなど人が多いところに向いていると思います。
(家では、リビングにありますが、料理をすると殆どの確率で匂いセンサーが反応します。)
パナソニックのナノイーは、空気感や潤いに強い感じがします。
(寝室にありますが、澄んだ綺麗な空気です。もちろん、匂いやハウスダスト(花粉)にも反応しますが、プラズマクラスターのほうが敏感です。)

ここからが、私が気がついてほしいポイントです!

それは、配置場所メンテナンス(掃除)

▼まず配置場所について

  • プラズマクラスター(シャープ):部屋の空気を背面で吸引して、上部から出す(排出)
  • ナノイー(パナソニック):部屋の空気を前面で吸引して、上部から出す(排出)
  • では、購入してから実際に何処に置くのか?
    本体のサイズを確認して、置く場所とのサイズを確認すると思います。

    ただ、加湿空気清浄機は、空気の流れがあるところに置くのがベストだと言われているので、そこも配慮する必要があります。
    そこで重要になってくるのが、プラズマクラスター(シャープ)と、ナノイー(パナソニック)の空気の吸引と排出場所の違いについてです。

    ここで共通している部分は、上部から綺麗な空気を排出する。
    違いは、吸引が前面からと、背面からってところですが、ここが配置に関わる部分です。
    吸引が背面のプラズマクラスター(シャープ)は、壁からある程度離す必要性がありますので、実際のサイズより場所をとります。
    ナノイー(パナソニック)は、前面で空気を吸引する仕様になっているので、 壁に近づけて置くことができる特長があります。

▼2つ目はメンテナンス(掃除)について

  • プラズマクラスター(シャープ)
    掃除をする時期は、「フィルターお手入れランプ」で知らせてくれます。(1カ月に1回程度、使用時間にもよる)※背面吸引部分は、そこそこ埃がたまるので、週1回くらいで掃除してます。
    掃除をする部品は、基本的に給水タンク、水の受け皿、背面吸気部分の埃を掃除機で取る(10分程度でできます)。
    交換部品時期(フィルター:2種)は、10年に1回となっています。
  • ナノイー(パナソニック)
    掃除をする時期は、自動知らせてくれるセンサーがないので、自分で意識する必要があります。(2週間、1ヵ月、3ヵ月と期間は様々ですが、使用時間にもよります)
    掃除をする部品は、プラズマクラスター(シャープ)と同様。
    交換部品時期(フィルター:2種)は、10年に1回となっています。
  • 購入後、メンテナンスが面倒でないかが重要になってきます。
    メンテナンス(掃除)部分は、水を入れるタンク、空気を綺麗にするフィルターの2点になります。

    まず、水を入れるタンクですが、満タンで何時間持つのか?空になった時の掃除の方法は面倒ではないか?
    これは、そんなに大きな差はありませんが、水を入れる口が大きい方が良いと思います。

    次に空気を綺麗にするフィルターについてになりますが、
    掃除をする期間(何カ月に1回)、掃除をする部品(フィルターやセンサー)、交換部品時期と大きく分けると3つ。

まとめ

  • プラズマクラスター(シャープ)
    良いところ:日頃のメンテナンスが非常に楽に行える。
    気になるところ:背面吸引のため壁からある程度離す必要性がある。間取りによっては置き場所に困る。
  • パナソニック(ナノイー)
    良いところ:前面吸引なので、壁際に置くことができる。
    加湿で潤いを与えるナノイー美容を利用しているので女性には嬉しい機能を搭載されている。
    気になるところ:メンテナンスの期間を自分で意識してする必要性がある。

どちらも、比べるととがあります。
選ぶ際は、価格に気をとられがちになりますが、
購入後に、掃除が楽に行えるのか? ここに置けるけど邪魔にならない?などメンテナンスや場所を考えて買うことも一つの基準にしてみてはいかがでしょうか。


コメントはこちらから