Windows 8へアップグレードした際に調べたこと

2013年1月末まで3,300円で、Windows 8のアップグレードが発売していたので購入しました。

Windows 8へアップグレードした際の、調べたこと、作業したことや不具合についてまとめてみました。

※アップグレード環境:Windows Vista → Windows 8

インストール前のこと(事前に)

インストール済のアプリケーションがWindows 8に対応してるかチェック

現在のPCにインストールしているアプリケーションがWindows 8で利用できるかをインストール前にチェックが可能です。
チェックプログラム「アップグレード アシスタント」は、Microsoftのサイトからダウンロードできます。
※インストールしてるすべてのアプリケーションがチェックされない場合もあります。(私の場合は、何個かのアプリケーションがチェックされなかったので、対応してるか検索しました。)

バージョンアップの際の注意

  • 引き継がれること(データ)
    Windowsの設定と個人用ファイル(ドキュメントフォルダー:ピクチャー、ミュージックなど)を引き継ぐことはできる。
    ハードディスクに保存してるファイルは、もちろん引き継がれる。(バージョンアップするOSによって引き継がれる内容は異なるようです。)
  • 引き継がれないこと(アプリケーション)
    インストールしているアプリケーションは引き継がれない。
    Windows 8へバージョンアップ後に、必要なアプリをすべて一から再インストールし直す必要がある。(アプリケーションで設定している内容は、メモ帳や画面チャプチャーなどで控えたほうが良い。)
    特にブラウザーのブックマークや記憶しているIDやパスワードなどは、バージョンアップ前に必ず控えたほうが良いでしょう。
    控えないとバージョンアップ後にはわからなくなってしまうので注意。

接続している機器がWindows 8に対応してるかチェック

プリンター、スキャナー、PASORIなどメーカーが正式に対応しているのか、対応してないけど問題なく使えるなどの情報収集

インストール後について

キーボード入力不具合

半角/全角での日本語切替、アンダーバー、@(アットマーク)などが入力できない現象が発生。
●参考サイト:http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_cp-hardware/win8cp/ac81e6d4-9548-4498-b3cb-69126662c07e

Windowsと初期インストール済アプリのアップデート

まずはWindows Updateと、初期インストールされているアプリのアップグレードを行い、PCを最新の状態にした方が良いでしょう。色々と設定する前にバグなどをなくしておけば、それが原因でうまくいかないにこともあるかもしれませんので。

スタートメニューについて

Windows 8には、左下にある「スタートメニュー」がありません。スタートメニューからプログラムなどを起動することが多かった人は、使いにくなどあったようです。
私もはじめは使いにくいと感じてスタートメニューを復活しようとプラグインを探しました。

●参考サイト:Windows8にスタートボタンを付ける「Classic Shell 3.6.5J」

結局、スタートボタンは復活させずに、スタートメニューをツールバーに追加する方法にしました。設定が完了すれば、タスクバーによく使うアプリのショートカットを作れば支障ないと思います。

●参考サイト:スタートメニューをツールバーにショートカット追加

Skype(Skype for Windows 8とディスクトップ版について)

元々Skypeをインストールしていましたが、Windows 8へアップグレードすると、「Skype for Windows 8」プログラムをインストールしないと対応していないと思いインストールしましたが、起動するとMicrosoftアカウントを入力する必要があり、しかも元々のID、パスワードを連動することで便利なるみたいですが、それはなんとなく気に入らず調べてみました。

ディスクトップ版を利用すれば、今までと同様のID、パスワードで問題なく利用できます。
Skype(ディスクトップ版)

不要ファイルの削除

すべてのセットアップ完了後、Cドライブ直下に「Windows.oldフォルダー」としてWindows Vista環境が保存されているので、削除した方が、ファイル容量を減らせるので良いでしょう。(Program FilesやProgramDataなどが保存されてます。)

●参考サイト:http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/how-remove-windows-old-folder

最後に

  • Windows 8にして良かった点
    起動とシャットダウンがかなり早くなりました。元々起動するまで1~2分程度かかっていましたが、Windows 8では、15秒程度になりました。Vistaを利用している方は、オススメと色々と書かれていましたが”確かに”って感じです。もちろん、通常のアプリも早くなりました。
  • Windows 8にして悪かった点
    特にないです。Windows 8使えないとか、ダメとか叩いている人もいますが、そんなことはないと思います。特に”スタートメニューが”とかありますが、そんなのは慣れで、そんなに気にならないです。メールとインターネットの利用がほとんどの場合は特に気にしなくても大丈夫と感じました。

コメントはこちらから