Windows 8をWindows 8.1へアップグレードした時について

Windows 8をWindows 8.1へアップグレードした際に、気がついた点を下記に記しましたので、ご参考にしてください。

Windows 8.1 アップグレード注意点

はじめに

Windows 8.1にアップグレードする際は、下記に注意してください。

  • インストールしてあるアプリケーションのバージョンが、Windows 8.1対応しているか
  • ダウンロードからインストールまで、30分以上の時間がかかる
  • Windows ログイン時のパスワードが必要になる(画面認証の方は、忘れているかもしれないので、これがないと始まりません。)
  • Microsoftアカウントが必要になる(ない場合は、その時に新規で作成できます。)

インストール前

インストールしているアプリケーションが、現バージョンでWindows 8.1に対応していることを確認してから行ってください。
現在のバージョンで、対応していない場合はアプリケーションをアップグレードしてください。

インストール中

Windowsのアプリストアで、Windows 8.1をクリックしてください。
後は自動的にダウンロードからインストール、セットまで進みます。約30分以上かかりますので、時間があるときに行うことを勧めます。(回線状況やPCのスペックにより異なることがあります。)

セットアップ

Windows 8.1インストール完了後に、はじめてPCを利用する時みたいにセットアップが始まります。
その際に、下記の情報があるとスムーズに進みますので、控えて方が良いです。

  • Windows ログイン時のパスワード
    (画面認証の方は、忘れているかもしれないので、これがないと始まりません。)
  • Microsoftアカウント
    メールアドレスとパスワード(現在もっていない場合は、その時に新規で作成できます。)
  • キーボード入力
    メールアドレス入力時に、いつものように”@(アットマーク)のキー”を押しても表示されない。
    ● 原因:キーボードが英語配列になる。
    ● 対処方法:「shift」+「2」= @

セットアップ後

キーボードが、英語配列になっている。(日本では、日本語配列のキーになっている。)
対処方法:詳しくはMicrosoftのサポートページをご覧ください。

 >> キーボードが英語配列キーボードとして認識される

手順

  1. チャーム → 設定 → コントロールパネル、またはコンピューター → 右クリック → プロパティ
  2. デバイスマネージャー → キーボード → 標準 PS/2 キーボード
  3. プロパティ → ドライバードライバーの更新
  4. コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します → コンピューター上のデバイス
  5. ドライバーの一覧から選択します → 互換性のあるハードウェアを表示のチェックボックスをオフ
  6. 製造元 →(標準キーボード)→ モデル → 日本語 PS/2 キーボード(106/109キー)→ 次へボタン
    (ドライバーの更新警告が表示された場合は、はいを選択)

あとは、ドライバー ソフトウェアが正常に更新されましたと表示されたら、開いたウインドウを閉じてください。

上記方法で直らない場合は、上記方法後に再起動を行ってください。(私は再起動後に直りました。)


コメントはこちらから