電子ノート「Noteslate」ってどうなった?

3年程前、画期的でデザイン性に優れたガジェットとして話題になった「Noteslate」

まだ、タブレットが発売して間もないその頃に、注目を集め発売を待っていたものです。

noteslate
結局のところ、発売はされず進捗も無く現在になり、ちょっと思い出し調べていました。
(検索すると、同じように今年になっていたようです。)

その当時のNoteslate情報

  • サイズ: 210 × 310 × 9 mm(ほぼA4 ※210 x 297mmよりちょっと大きい)
  • ディスプレイサイズ: 190 × 270 mm
  • 解像度: 760 × 1080 px(1bit:白黒のみ)
  • ボタン:Save、Show、Delete
  • インターフェース:USB、3.5mm AudioJack、SD Card Slot
  • プロセッサー: ARM chip
  • メモリー: 128M(233Mhz)
  • ストレージ: 1,024MB

Noteslateのホームページへアクセスすると、あのデザインに優れた製品を紹介するページは、見る影もなく1つの動画と、メーリングリストの登録フォームのみに。

ページが存在しているということは、Noteslateプロジェクトが継続しているということでしょう。

ただ、あの頃とは違い、シャープの手書き電子ノート「WG-N10」、「WG-S20」、enchantMOONなど色々と電子ノートが発売になっています。

私的な感想ですが、見た目のデザインではNoteslateの方が断然優れていると言えるでしょう。
ただし、それ以外の強みがないと売っていくには難しいと感じます。

※Kindleやkoboなどの電子ペーパーの電子書籍端末のデザインがイマイチなので、小型化して電子書籍端末としてあのデザインを活かして安価で発売してくれないかな?と考えてしまいました。


コメントはこちらから