閲覧中のWebサイトをQRコードでスマートフォンに取り込み

今、見ているWebサイトをスマートフォンでも見たいと思ったことないでしょうか?

同じブラウザーをPCとスマートフォンにインストールしてブックマーク(お気に入り)を連動させることもできますが、そこまで利用しないし、設定するまでが面倒と思っている人は読んでみてください。

ブックマークレットを利用する(ブラウザーのお気に入りに登録)

ブックマークレットって何?と思った人もいると思います。ブックマークレットとは、ブラウザーのお気に入りを利用した技術でアドオンのようにインストールせずに手軽に利用できるのが利点です。

ブックマークレットの使い方

  1. まず、下記の≪QRコードへ変換≫リンクをブックマーク(お気に入り)に登録します。
     

    • Internet Explorerの場合:
      リンクの上で右クリックし、お気に入りに追加を行う
    • FireFoxの場合:
      ブックマークのツールバーにリンクをドラッグ&ドロップ。もしくはリンクの上で右クリックし、このリンクをブックマーク。
    • Chromeの場合:
      ブックマークのツールバーにリンクをドラッグ&ドロップ
    • ※バージョンなどにより登録方法が異なりますので、ご注意ください。

      上記以外のブラウザーや上手く登録できない場合は、ブックマーク(お気に入り)管理画面で「新しいブックマーク(お気に入り)の追加」を選択し、URLの項目に下記をコピーして貼り付けて登録を行ってください。

      javascript:(function(){var string=prompt(“input text”,document.URL);if(string!=null&&string!=””){window.open(“http://chart.googleapis.com/chart?cht=qr&chs=200×200&choe=UTF-8&chl=”+encodeURIComponent(string));}})()

  2. QRコードに変換したいホームページを開き、1で登録したお気に入りの【QRコードへ変換】ボタンをクリックすると、新しいタブにQRコードが表示されます。

Qiita-プログラマの技術情報共有サービス 様「1クリックで見てるサイトのQRコードを生成するブックマークレット」を参考(コードを利用)にブックマークレットを作成させていただきました。

ブラウザーのアドオンを利用する

  • Internet Explorer アドオン:残念ながら見当たりませんでした
  • FireFox アドオン:Send to My Phone
    firefox_qr

    設定はありません。
    開いているタブをプルダウンで選択が可能。取り込みたいページが複数あるときは便利。

  • Chrome アドオン:QR-Code Tag Extension
    Chrome_qr

    オプションにて、表示するQRコードの大きさ(Small,Medium,Large,Extra Large)が変更できます。また、短縮URL(bit.ly API)の利用が可能。

  • ※他のアドオンもありましたが、シンプルで使いやすそうなアドオンを選びました。

Webサービスを利用する(サイト上でそのままQRコードに変換)

自分のホームページにQRコードを表示したい場合
Google Chart API を利用してWebサイトにQRコードを表示

コメントはこちらから