Androidのroot権限に対する メリットとデメリット

Androidの情報を検索していると、root権限root化などという言葉を目にすることがあるのではないでしょうか。

ところで、rootって何?
メリット(何ができるようになるのか)や、デメリット(しないほうが良い理由)をまとめてみました。

私のrootに関する考えですが、一般ユーザーの方は、root化することなく現状のままで十分だと思います。
このあとに、出来る限りわかりやすく書きますが、システムエンジニアやパソコンに詳しい方など以外の方が、変更を行うと不具合が発生する可能性があります。
また、折角買った携帯(スマホ)端末のメーカーによるサポート対象外となってしまします。
ちょっとした変更を行いたい程度だと、デメリットの方が大きいのが現状です。

  • rootについて
    root(ルート)。root権限やroot化などとも呼ばれる。

    Android OSは、Linux OSをベースにした仕組みのOS。そのLinuxというOSで、システムを管理する権限(なんでもできる)を持つユーザーのこと。(WindowsだとAdministrator権限をもつアカウント)

    システムを管理する権限(なんでもできる)root権限を取得すると、文字通りなんでもできるので、システムなども含んだすべてのファイルにアクセスすることが可能になります。

  • root権限によるメリット(何ができるようになるのか)
    システムの変更ができる:
    フォント、テーマ、CPUのクロック数を下げてバッテリーの持ちを良くする(どの程度長持ちになるかは不明)、システム音(カメラシャッター音、プリセット音など)など

    制限されたアプリのダウンロード

  • root権限によるデメリット(しないほうが良い理由)
    端末を販売しているメーカーからのサポート(保証)が受けられなくなる。(無償の保守期間内の故障も直してもらいない。対応してもらえない。)

    システムの変更による不具合の発生が起こる(しっかりとした知識ないと携帯などが使用不可能になる)可能性がある。

    ※root権限について、色々なサイトに変更方法などが記載されていますが、端末やAndroidのバージョによって変更方法や手順がことなります。このように、大丈夫だろうと思って行うと最悪の場合、起動しなくなる可能性があります。


コメントはこちらから