iPhoneの画面ロックで絶対に使ってはいけないパスコード トップ 10

iPhoneユーザーは、ぜひ自分に当てはまらないか確認してください。
落とした時や他人に見られないように画面ロックで簡単なパスワードを設定している方、あなたは当てはまっていませんか?
当てはまっているのなら、今すぐ変更したほうが良いでしょう!

Sophos(ソフォス)社から「iPhoneで絶対に使ってはいけないパスコードトップ 10」が発表されました。

iPhone アプリケーションの開発者であるDaniel Amitay氏が、開発したアプリケーション”Big Brother Camera Security”のセキュリティ保護のためのユーザーが選択したパスコードを匿名データとして、最終的に204,000以上のパスコードを収集した結果です。

1位から順番に
「1234(1位)、0000(2位)、2580(3位)、1111(4位)、5555(5位)、5683(6位)、0852(7位)、2222(8位)、1212(9位)、1998(10位)」までの10位になります。

  • 1234(1位)、0000(2位)、1111(4位)、5555(5位)、2222(8位)、1212(9位)
    →あまりにも予測されやすいパスコードになりますね。
  • 2580(3位)、0852(7位)
    →キーパットの真ん中の列を 上から下、下から上に順番に入力しただけ広く使用されていると指摘。
  • 5683(6位)
    →アルファベットを入力するときに「LOVE」の配列になっているためではないかと推測。
  • 1998(10位)
    →誕生年や卒業年と思われる。「199x」も避けるべきだと。

セキュリティ向上のために、簡単な数字4桁のパスコードではなく、パスフレーズ(パスワードより文字数が長く英数字と記号の組合わせ)を使用することでパスコードを複雑にできます。
※「簡単なパスコード」をオフにするには、「設定」→「一般」→「パスコードロック」

また、「簡単なパスコード」オプションがオフになっている場合には、大文字小文字、数字、特殊文字までをパスコードに使用できますので、Top 50 passwords you should never use(絶対に使用してはならないパスワード上位 50)を参考に決定してみてはいかがでしょうか。
 


コメントはこちらから