iOS用 有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター for iOS」

有害サイトフィルタリングソフトを販売しているデジタルアーツから、iOS用 i-フィルターが2012年1月末まで無償で提供していましたが、好評につき2012年3月31日(土)まで無償が延長されました。

 >> デジタルアーツ:i-フィルター for iOS

i-フィルターは、元々パソコン用の児童(子供)向け 有害サイトフィルタリングソフトで、インターネット上の危険なサイトにアクセスするのを防ぎ、日本PTA全国協議会の推薦を受けたウェブフィルタリングソフトです。
そのi-フィルターをベースにiOS用のアプリが提供されています。

3G回線(携帯電話回線)だけでなく、Wi-Fiので接続もフィルタリング。また、パソコンなど別の端末からi-フィルターの設定変更や利用状況の確認も可能です。

■価格:無料(~2012年3月31日まで)
■対応OS:iOS 3.1.3以降
■対応機種:iPhone/iPad/iPod touch

主要機能

  • フィルター強度設定
    ・見せて良いサイトの登録
    ・見せたくないサイトの登録
    ・ホワイトリスト機能(登録したサイトだけを表示)
  • ブロック機能
    ・書き込みブロック(掲示板やチャット・ブログなどへの書き込みを禁止)
    ・購入ページブロック(閲覧は可能。購入ページだけをブロック)
    ・ブロック解除申請(保護者へ解除をお願いできる)
  • 管理機能
    ・リモート管理(別端末から、設定変更や利用状況の確認)
    ・インターネットの利用時間制限(利用曜日、時間帯、時間/1日を制限)
  • 利用状況確認
    ・ブロックサイト履歴
    ・アクセスランキング
    ・アクセスカテゴリの割合統計
    ・検索単語ランキング
    ・書き込み回数ランキング

 i-フィルター for iOS – Digital Arts Inc.


コメントはこちらから