iPhoneのSSL通信が傍受される恐れ、アップデートの早期適用を

米Appleが7月25日のソフトウェアアップデートで修正したiOSの脆弱性について、悪用されれば安全なはずのSSL通信を傍受されてしまう恐れがあり、できるだけ早くアップデートを適用した方がいいとセキュリティ研究者が促している。

 ≫iPhoneのSSL通信が傍受される恐れ、アップデートの早期適用を

iPhoneに対応したウイルス対策アプリ「VirusBarrier」 – Intego
・価格:250円
・言語:日本語, 英語, フランス語

▼VirusBarrier – Intego(iPhone版)のダウンロードはコチラ▼
VirusBarrier - Intego

▼VirusBarrier – Intego(iPod版)のダウンロードはコチラ▼
VirusBarrier - Intego

AppBank Store

コメントはこちらから