「Android 2.3」のroot権限を奪うマルウェア!!

マルウェア「GingerMaster」は、Android 2.3のroot権限を取得して、端末から情報を盗み出したり別のマルウェアを呼び込んだりする。
<2011-08-24:ITmedia>

rootとは、何っと思った人は、「Androidのroot権限に対する メリットとデメリット」を読んでみてください。

これまでに見つかったroot権限を悪用するマルウェアは、Android 2.2までのバージョンにしか対応しておらず、Android 2.3のroot権限を奪うマルウェアが見つかったのは初めて。

GingerMasterは正規のアプリケーションに組み込む「リパッケージ」の手口で配布。

バックグラウンドで動作して端末のIDや電話番号といった情報を収集し、リモートのサーバーに送信するほか、ユーザーが気付かないうちに別のマルウェアを呼び込むなどの機能を持つ。

未だに、セキュリティ対策を行っていない方は、手遅れになる前に急いだほうが良いですよ。
スマホは、携帯と言いつつも、今まで使用していた携帯と全く別物で、小さいパソコンですから。

シマンテックストア


コメントはこちらから