スマートホンのウイルス対策は必要?不要?

ニュースサイトを眺めていると、2つニュースが目に止まりました。

  • Androidを狙うマルウェアが増加している:McAfeeのセキュリティ動向報告書<ITmedia エンタープライズより>」
    ○要約:セキュリティ企業の米McAfeeが、Androidを狙ったマルウェアは2011年前期に比べ約37%増加した。マルウェアの種類としては、SMSを送信したり個人情報などを盗んだりするトロイの木馬型マルウェアや、通話の内容を録音して攻撃者に送信するなどが多数を占めていた。
  • Android、iOS、およびResearch in Motionの「BlackBerry」OSにはアンチウイルスソフトウェアは必要ない:Googleのオープンソースプログラムマネージャー<CNET Japanより>」
    ○要約:スマートホン(携帯端末)は完璧ではないものの、本質的にパソコンよりもセキュリティが高い。主要な携帯電話はいずれも、Windowsや一部のMacマシンに見られた従来の定義における『ウイルス』の問題は抱えていないと述べている。

上記の2つの記事は、反対のことを言っているようにも捉えられる。
片方は、『Androidを狙うマルウェアが増加している
もう片方は、『スマートホンは、PCよりもセキュリティが高いのでウイルス対策は必要ない
どちらが間違っているとか、正しいとかではなく、両方正しいのだと思います。

現時点では、スマートホンのウイルスは発生しているが、大きな問題が起こっていないので、必要ないと思われる方がいるでしょうし、何かが起こる前に対策をするという方もいます。
この手のセキュリティ対策は、事前に対策して何も起きなければ、それならそれで良い。
生命・入院保険みたいなものと考えるべきなのだと思います。

また、セキュリティ対策は、ウイルス対策の他にも、
『盗難・紛失対策(リモートロック、リモート消去、端末位置検索)』や『フィッシング対策(ブラウザ保護)』などの付加機能もありますので、一部分の機能だけでは考える必要はない。

※私は、セキュリティ対策をすることを薦めます。
バッテリーの消費量が増加したなどと言われていますが、アドレス(個人情報)の抜き取りや、通話の盗聴などの危害に比べれば大したことないと思うんです。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


コメントはこちらから