WordPress テーマ「Graphene」を日本語表示へ

WordPress テーマである「Graphene」は、デフォルトでは記事内の文字が日本語で表示しない部分がほとんどだと思います。(続きを読むとか、コメントを書くなど、色々と。表示されるのは、記事内のコメントを書くだけ

調べてみましたが、よくある日本語表示するための「jp.mo」、「jp.po」は、見つかりませんでした。

そこで、.phpファイル(テンプレート)を編集して変更してみました。
ブログの表示は、基本的には日本語になってると思います。WordPressの管理画面上のオプションは変わりません。)

注意:
テンプレートを書きかえるので、間違えてしまうとレイアウトが崩れる可能性がありますので自己責任で行ってください。

(もし、レイアウトが崩れてしまっても、違うテーマ有効化を行ってから「Graphene」を一度削除して、再度ダウンロード後に有効化を行えばデフォルトには戻りますが、念のための注意書きです。)

▼変更される部分は以下になります。
赤で囲っている部分が変更となります。

■トップページでの変更点

  • トップページにあるFlash内にある「View full post」 ⇒ すべてを見る
  • 記事を書いた人の名前の横にある「Edit post」 ⇒ 執筆者 (ログイン時のみ表示されます)
  • 記事の続きへのリンク(moreタグ利用時)「Read the rest of this entry」 ⇒ 続きを読む
  • コメント数を示す「1 comment」(コメントがない場合は、「Leave comment」が表示されます。)

Graphene 01

  • Leave comment」 ⇒ コメントする
  • Older posts」 ⇒ 過去の記事へ
  • Newer posts」 ⇒ 新しい記事へ

Graphene02

  • 記事内でコメントがある場合は「1 comment」が表示されてます。

Graphene03

■記事内での変更点

  • コメントを書いてもらう前の注意書き「Your email address will not be published.」 ⇒ コメント欄にあなたのメールアドレスは表示されません。
  • Name」 ⇒ 名前
  • Email」 ⇒ アドレス
  • コメント者のホームページ(URL)「Website」 ⇒ webアドレス
  • Message」 ⇒ コメント内容
  • コメント内容欄の下にある補足事項「You
  • may use these HTML tags and attributes」 ⇒ コメントを書く場合は、下記のHTMLタグと属性が使えます。
  • 送信ボタンは、「Submit Comment」 ⇒ コメントを送る

Graphene04

■カレンダー、カテゴリー、アーカイブをクリックした先での変更点

  • 記事の続きを読む「Continue reading」 ⇒ 続きを読む

Graphene05

実際の英語の意味と日本語が違うと言われるかもしれませんが、僕なりに訳した結果として使ってください。
英語は、あまり得意ではないのでgoogle翻訳から解釈して日本語にしています。

▼日本語に変換したphpファイルのダウンロードはコチラ▼
 >> ファイルをダウンロードする
※差し替え方法 / 変更箇所は、ダウンロードファイル内の「お読みください.txt」に記載してありますので、ご一読ください。

phpを変更する場合は、文字コードを『UTF-8N』で保存してください。『UTF-8N』以外の文字コードの場合は文字化けが起こります。もしくは、WordPress 管理画面から、「外観」→「テーマ編集」にて変更を行うphpを選択して変更を行ってください。

Graphene 1.1.4より、日本語対応になったようです。


コメントはこちらから