AllTutsのプラグイン「WP125」について

WordPressのテーマ「AllTuts」に同梱されているプラグイン『WP125』についての解説&使用方法を記載しました。

  • WP125について
    複数枚の125pxの広告画像をウェジェット(右上)に表示させるプラグインです。
    下記のサンプル画面:検索ウィンドの下にある125pxの画像が4つ表示している感じになります。

    WP125イメージ

「AllTuts」における使用方法(他のテーマでは使用方法が異なります。)

  1. WP125をインストールし、プラグインを有効にする。
  2. 管理画面に「Ads」が追加される。(AllTutsの下)
  3. 『AllTuts Options』
    General Settings(基本設定):Ads Section Enabled(広告欄の有効)を『Yes(する)』へ変更
  4. Advertise page(広告の詳細)ページを作成する必要があります。HPに反映されたWP125(右上)に「>> Advertise with us!」を表示され、リンクをクリックするとSelect(選択)のままだと、最新の記事へリンクします。

ウェジェットにも、『WP125』が表示されますが、そこでWP125をサイドバーに追加すると体裁が崩れます。ので、使用する場合は、上記使用方法の手順をお勧めします。(他の方法があるかもしれませんが・・・)

 

WP125の設定説明

WP125プラグインのオプション設定である「Ads」の下にあるManage、Add/Edit、Settingsを説明します。

  • Manage: 広告管理。Add/Editで表示する広告(画像)を作成した後に、編集や削除が行える。
  • Add/Edit: 表示する広告(画像)を新規作成や追加を行う。広告の名前や画像のURLなどの設定を行う。
    ・Name: 名前
    ・Slot: 表示させる順番(#1から一番左上、右上と左から順番になる)
    ・Target URL: 画像のリンク先URL
    ・Expiration: 掲載期間(手動/30日/60日/90日/その他:指定)
    ・Click Tracking: 広告がクリックされる回数をカウントする/しない
    ・Ad Image: 広告画像のURL
  • Settings: WP125プラグインの設定(表示方法や画像枚数など)が行える
    ・Ad Orientation: 広告の表示方法(1列/2列)
    ・Number of Ad Slots: 広告表示数(数字で指定する)
    ・Ad Order: 表示方法(通常/ランダム)
    ・Widget Title: ウィジェットタイトル(タイトルをつけない場合は空白)
    ・Ad Sales Page: 広告の販売ページURL
    ・Default Style: 広告を独自のCSSを使用するか
    ・Expiration Email: 広告の有効期限が切れたときのメール送信先アドレス
    ・Pre-Expiration Email: 事前に有効期限をメールで送信
    ・Default Ad: デフォルトの広告(空きがあった場合の画像が指定できる)

WP125に表示させる広告を設定する方法

  1. Add/Editで表示させる画像を指定する。
  2. 上記指定完了後、保存する。
  3. HPを見ると反映されていると思います。

コメントはこちらから